Section1:ビジネスを成長させ続ける”5つのプロセス”

Introduction

Business Design Methodへようこそ。
一番最初となるこのセクションでは、Business Design Methodの中核である「成長し続けるビジネスの仕組み」について学びます。

このセクションを学ぶ理由

何故、最初にこのテーマを取り上げる必要があるのか?
その理由は、「ビジネスを存続させ、プラス成長を続けていきたい」というあなたの望みを叶えるためです。

ビジネスを成長させ続けるという目標を達成するためには、利益を上げ続ける必要があります。そのためには、商品・サービス(以下、「商品」と表記)を売り続ける必要がある…ここまでは異存がないはずです。

では、商品を売り続けるためには何をすべきなのか?
それは、何か1つに注力することではありません。商品力を高めるだけではダメですし、集客に力を入れるだけでもダメなのです。

商品を売り続けるためには、販売に欠かせないプロセスを有機的に機能させる必要があります。言い換えれば、ビジネスの仕組み化が必要だということです。

仕組みを作れば、あなたが今後やるべきことが明確になります。答えが分かっていれば、あとは実践を重ねるだけです。だから最初にこのテーマを学んで頂くことにしています。

ここで解説していることを理解すれば、あなたは成長し続けるビジネスの作り方が分かるようになります。
あとは実践を始め、継続し続けるだけでビジネスは成長軌道に乗り始めるでしょう。

※用語解説
①プロセス(process):過程、工程、方法のこと。ここでは、工程を指す。
②有機的:人の身体のように、各部が密接に影響しあいながら全体を形作ること。

成長し続けるビジネスの仕組み―5つのプロセスを最適化するー

それでは早速本題に入りましょう。成長し続けるビジネスの仕組みは、5つのプロセスから構成されます。
各々の役割と最適化された状態は、下表の通りです。

※この表は、横にスクロール出来ます。

no. プロセス 役割 最適化された状態
1 リサーチ ターゲット・競合の情報を集め続ける。 ターゲットが求める商品、競合に勝てる土俵が常に特定出来る状態。
2 商品開発 集めた情報をもとに売れる商品を開発する。 顧客から得た情報をもとに商品開発/改良が行える状態。
3 マーケティング ターゲットに売れる商品を宣伝し、集客する。 ターゲットを買う気にさせるメッセージが常に配信されている状態。
4 セールス 集めた見込み客/既存客に対して販売を行う。 客層に合わせた商品ラインナップが完成している状態。
5 関係性強化 顧客との信頼関係を構築/強化し、ファンを増やす。 顧客が求める「サポート」をいつでも提供出来る状態。

図示すると、下図のようになります。

成長し続けるビジネスの仕組みは、これら5つのプロセスで構成される。

 

ご覧の通り、これら5つのプロセスは他のプロセスと密接に関係していて、重要度も同じです。
但し、最適化する順番があります。真っ先に取り組まなければならないプロセスは、「リサーチプロセス」。
その次が「関係性強化プロセス」です。

「順番」が重要な理由

リサーチプロセスを真っ先に最適化する理由は、売れる商品を作るために最も重要なものは「需要に関する情報」だからです。

「どんな人が、どんな商品を求めているのか?」この質問の答えが分かれば、商品開発のリスクは大幅に低減します。そして「誰に・どんな」メッセージを発信すべきかも分かります。適切なメッセージの発信は売上につながります。だから最初にやるべきことはリサーチプロセスの最適化なのです。

そして次に関係性強化プロセスを最適化する理由は、「顧客との継続的なお付き合い」を実現するためです。
そのためには、商品を購入してくれた顧客があなたにどんなサポートを求めているかを知り、実際に提供していく必要があります。だから関係性プロセスの最適化が2番目になるのです。

詳細は順次解説していきますし、実践出来るようにサポートしますので心配は不要です。
今の段階では5つのプロセスと最適化された状態、そして最適化の順番だけを理解しておいて下さい。これが全ての基本となるからです。

関連記事一覧